ブログ

平成24年11月に横尾忠則現代美術館が開館します

2011年、兵庫県に作品の寄贈・寄託の申し出をされた日本を代表する現代美術家、横尾忠則氏の優れた作品等を 広く県民に鑑賞する機会を提供するため、県立美術館王子分館(愛称:原田の森ギャラリー)西館を改装。
平成24年11月にリニューアルオープンすることとなりました。

また、横尾作品の保管・展示だけではなく、子どもたちや若者が世界的アーティストと出会うとともに、横尾氏を通じて様々なジャンルの前衛芸術にふれる場となるよう、オープンスタジオも併設します。

フロア構成は、  1階が公開制作やイベントを行うオープンスタジオと展示の一環としてのミュージアムショップ、総合案内を行うインフォメーション  2階・3階が企画展を開催する展示室、  4階が資料保管や調査研究のためのアーカイブルームとなる予定です。

また、1階には、ガラス張りのカフェが登場します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top